海の目の前!最高のロケーション。沖縄県読谷村プロジェクト!

計画地は、那覇空港から30km、車でおよそ50分くらいの距離にある読谷村内。 二地域居住でも苦にならない距離です。 読谷村の良いところは、
  • リゾート感と生活の利便性の両方がある
  • 那覇や浦添よりも沖縄らしい雰囲気がある
  • 空港へも北部(名護や美ら海水族館)へも1時間程度

という点が挙げられます。

読谷村は、南北に走る国道58号線と県道6号線が交通の主軸になり、この交通動脈に沿って生活機能が整えられています。
また、下の地図にあるように、残波岬から南側一帯がリゾートエリアとしてリゾート感たっぷりのホテルや観光施設が整えられています。
星野リゾートが進出するのもこのエリアですね。

Project Concept

プロジェクトコンセプトは、「稼げるCCRCをつくる!」です。
二地域居住や入居しながら、社会に貢献しながらも、稼げるCCRCをつくることをビジョンとしています。

こんな暮らしを一緒につくりませんか?

ホースセラピー・ヤギと暮らす
与那国ウマの世話をしながら癒されて、しかもホースセラピーとして観光客や癒しを必要としている方に利用してもらってちょこっと仕事にします。
動物好きな方にはピッタリです。
また、沖縄はヤギの飼育も盛んです。
ヤギの世話をしながら、ヤギ乳を搾ったり、ヤギ乳をソフトクリームやチーズにしてレストランで販売したりすることもできます。

マリンスポーツ
最近はやっているSUP(スタンドアップパドル)やシーカヤック、スキューバダイビングやシュノーケル。これらをハウスでいくつか所有します。
それを自分たちが遊ぶ時には無料で使い、使わない時は観光客や宿泊者に貸し出し、ちょこっと仕事にします。
SUPヨガやガイドなど、利用者が喜ぶスキルを学んで身につければ、さらに皆さんに喜んでもらえますね。
自分の健康のために新しく趣味として始めるのも楽しいです。

民泊利用
自分の部屋をリゾート感たっぷりの居心地よい空間に。
自分の意見を反映することができます。
例えば部屋はコンパクトだけどバルコニーをウッドデッキで広くつくり、浴室をバルコニー側にして海を一望できたり。
自分が使わない時は価格を設定して観光客に貸し出して少しお小遣いに。
ルームメイクや予約管理などは、ハウスが行います。

沖縄国産コーヒー、果物の栽培
沖縄では国産コーヒーを栽培することができます。
また、マンゴーやパイン、ドラゴンフルーツなど多彩な果物が栽培でき、人手を欲している生産者さんもいらっしゃいます。
自分で農園をやってみることも良し、お手伝いへ行くのも良し。
お手伝いの成果はお金ではなく、コーヒーや果物でもらい、それを家族や友人に送ったり、販売てみたりするのも楽しいです。

ゲストハウスの併設
観光客や大学生が宿泊できるゲストハウスを併設して、ルームメイクや食事の仕事も生まれます。
今は、普通のマリンスポーツや観光地巡りでは旅は物足りないので、入居者の日常生活についていっていろんな体験ができる「体験ツアー」は価値があります。
一緒に沖縄コーヒーの農園に行って収穫体験したり、星やウミガメを見に行ったり。
お孫さんのように一緒に楽しみましょう。

オリジナル商品をつくろう!
ヤギの乳でソフトクリームやチーズをつくったり、沖縄コーヒーと合わせてフロートやオリジナルラテをつくったり。
あと、ハワイだとハワイコナの「果肉部分」でジュースをつくっているって知っていました?
沖縄コーヒーの果肉を使ってジュースをつくったり、コーヒーの花でアロマをつくったり、葉っぱでお茶をつくったり。
いろいろなオリジナル商品を仲間同士で「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤を繰り返しながら、びっくり商品をつくりましょう!

プロジェクトに参加する方法

プロジェクトに参加したいかたは、定期的に企画ミーティングを開催していますので、そちらにご参加ください。
参加費は無料です。
以下のフォームでご登録をいただければ、案内を送付させていただきます。

参加お申し込みはこちらへ

関連記事

  1. 移住エリア人気1位!山梨県で大学生と暮らす!

  2. 沖縄CCRC第1号!海を眺めながら都会の便利さも。欲張りな方にぴったり!

  3. 日本初の本格的大学連携CCRC!桜美林ガーデンヒルズ